日々のサクラ
新Blog(2015年4月〜)はコチラ
Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
    ※ 旧blog移行処理の関係で、記事中のリンク先が移動している場合があります。ご了承下さい。
    季節の時報。
    0
      みなさまからのやさしいご助言をもとに・・・「星ばばぁ」「石ばばぁ」あらため、
      「星ガール」「石ガール」ってことで落ち着きました。^^

      さて、他にも「ばばぁ」・・・じゃない、
      「ガール」と名付けてまとめるほどではないけれど、気分がアガるものといえば・・・。

      「道端の植物ウォッチング」。

      まるではかったかのように、季節ごとに登場してくれる、群生植物。
      フラワーショップでお見かけするものも中にはありますが、
      基本的には「なんてことない植物」と思われているものがほとんど。

      今日は「菜の花」だか「からし菜」だか皆目区別はつかぬ、
      でも菜の花っぽい植物が開花しはじめているところに遭遇。




      小さな花をつける水仙も、一斉開花に向けてスタンバっていましたよ。




      「まるではかったかのように」とさきほど書きましたが・・・
      ほんとうに「季節の時報だなぁ」って思います。

      「1分後には、いよいよ春になります」
      「残すところ冬もあと1分限りです。さぁ、カウントダウンがはじまりました」
      みたいに、正確に区切ることのできない「季節の時報」。

      というか・・・そもそも正確に区切る必要がないのだろうな。

      人間の世界では、午前0時を迎えると、今日が昨日になる。
      自然の世界では、そもそも「午前0時」という時間の概念が存在しないだろうから、
      0時を迎えようがなんだろうが、知ったこっちゃないのだと思う。

      知ったこっちゃないからカオスかといえば、そうではなく、
      菜の花だかからし菜だかわからぬ菜の花っぽい花(ややこしい)や水仙は
      時がくれば見事に開花しはじめる。

      そうした現象を、古の人たちはかしこく利用してきたのだと思う。
      「この植物が開花したから、もう春だね」と
      (結果的に)「季節の時報」として受け取ってきたのだと思う。
      (アストロロジーもおんなじですね)

       * * *

      時間の概念は、生活を営んでいく上ではとても便利だけれど、
      あくまでそれは概念であり、ほんとうは「時間を正確に区切る」ことなんでできない。

      だから時間の概念なんてどうでもいい、ではなく。
      それはそれとして受け入れつつ、
      時間の概念に縛られすぎちゃって苦しいことがもしあれば、
      「概念にすぎないんだった」と思い出させてくれるものに触れるなどしてみるといい。

      自然界に触れると、いろんなところが「緩む」。
      その「緩む」の中には、時間の概念も含まれている。

      わたし自身も「道端の植物ウォッチング」を通して、
      自分でも気づかぬうちに「時間の概念」に縛られすぎてしまっているかもしれないところを
      緩めようとしているのかもしれません。^^


      <お知らせです>
      星ラボ 修了生対象の「深読みクラス」開催/平日コース募集開始しました。   
         ※ 平日クラス(隔週水曜13:00〜16:30) 2015年3月11日スタート

      WebShop♪ へ新作ブレスを13点UPしました。


      あきのさくらのfacebookコチラをクリック。日常のあれこれをアップしています。

                       
      あきのさくらのつぶやきはコチラをクリック。
      posted by: | 近況つれづれ | 23:55 | comments(4) | - |
      ※ 旧blog移行処理の関係で、記事中のリンク先が移動している場合があります。ご了承下さい。
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 23:55 | - | - |
        ※ 旧blog移行処理の関係で、記事中のリンク先が移動している場合があります。ご了承下さい。
        前深読みのYoshiko です★
        吉永小百合さんや八千草薫さんが「ばばぁ」でないように、年齢で区切ってはいけないですねぇ(^-^;
        女子の区切りの概念も、きっと「時間の概念」と一緒ですね★

        きっと金星ガールから、サターンリターンで土星の経験が伴うと、執事のついた本物のレディになるのかもですね。心の中のガールを大切にしながら(^-^)

        でも冥王星を経験すると「極道」や「銀座ママ」くらいの迫力になりそう(--;)
        そしたらさすがに「ガール」は痛いかしら?
        あっ、私は15歳で経験しちゃった!
        キャッ、まずい(^-^;

        「星ガール」「石ガール」単なる言葉の表現方法なんで、いいんじゃないですかね。
        でも「ばばぁ」は、もうダメですよ(^-^)/
        | yoshiko@セレブ | 2015/02/17 2:12 PM |
        > セレブよしこちゃん

        コメントありがとう。
        わたしは「ばばぁ」という言葉が、実はすきなのです。
        自分を指していうときにね。もちろん人には使いませんが。

        年齢を重ねないと「ばばぁ」にはなれないもの。
        年齢を重ねてこられたというのは、実はすごいことだからね。

        ガール装備のばばぁ・・・かっこいい!
        と思ってしまうのでありました。

        あ、ちがった。
        「ガール装備」のレディだったね。^^
        | あきのさくら | 2015/02/17 6:06 PM |
        そっかぁ、「ばばぁ」という言葉が好きだったんですね★
        自分の価値観で見ては、だめですねぇ(^-^)

        自分ワールド・人ワールドが、こんなに違うんだな~と、最近感心しきりです。
        でも、その根底に、温かいハートが存在するのは、みんな一緒だから面白いですね。

        違っていても、ハート同士が触れあう瞬間が、感動~です(松岡修造調)★

        ではでは、いつも応援しています。

        | yoshiko@セレブ | 2015/02/18 8:56 AM |
        > セレブよしこちゃん

        あはは、 修造調。(笑)

        表現のしかたは違っていても、
        オオモトはおんなじだものね。

        オオモトがおんなじだからこそ、
        表現の部分で違っていてもなんの問題もないし、
        時にはバトルになってもだいじょうぶだったりもする。

        モトはおんなじだからさ、
        思いっきりぶつかりあうこともできるのだよ。^^
        | あきのさくら | 2015/02/18 10:18 PM |